Histoire

京都の八坂神社のなかに楼をかまえる中村楼の創業は、室町時代。
門前の水茶屋から、やがて江戸末期には京都屈指の料理茶屋として
名を馳せました。

そして明治の文明開化にもいち早く応え、日本ではじめて
洋食を供した料理処としても知られています。
その伝統が、シェフ岸本に心をひらきました。

画像